中性脂肪


中性脂肪の減らし方について

中性脂肪とは、その名の通りに体に付く脂肪の一種です。食事等で体外からエネルギーを摂取して、それを使って私達の体は活動しています。

でも、使うエネルギーよりも摂取するエネルギーのほうが多いと、その余った分が体内に貯えられます。

この一種が中性脂肪です。分かりやすく言うと、お腹等に付く贅肉や皮下脂肪の事を言います。

中性脂肪が付き過ぎると健康に悪影響が出ます。なので、早めに減らす努力をする事が大切です。

近頃、中性脂肪を下げる方法について、テレビ、雑誌などでも見かけるようになりました。

減らす方法として基本になるのは、運動や食事です。中性脂肪は消費されなかったエネルギーの塊ですから、運動をすると自然と消費されていくのです。

ただし、運動をする事に慣れていない人が突然激しい運動をすると、体への負担が大きくなります。まずは無理のない範囲で、ウォーキング等の軽い 有酸素運動をするのが良いです。

体内のエネルギーを消費するのに合わせて、体外から入ってくるエネルギーをコントロールする事も重要です。

肉類や糖類の摂取は控えめにして、代わりに野菜等を多く摂取するのが理想的です

中性脂肪を減らす為に出来ることは

中性脂肪を減らすには、増えない食材を使うことも一案です。

DHAやEPAなどを多く含む魚類を多く食べたり、食物繊維のあるごぼうやこんにゃく・切干大根・キウイ、それと ファイトケミカルと呼ばれる野菜類のトマト・かぼちゃ・緑茶・にんじん、オレイン酸を含むひまわり油・オリーブ油などを毎日の食事に摂るよう習慣つけておくことも大切です。

そして、よい物だからといって決して食べ過ぎたり摂りすぎたりしないことも注意しましょう。

お肉よりも魚をメインにしたり、お酒を控えてみたりと小さなことの積み重ねが重要です。

もうひとつは、1日30分を週に3回、合計180分以上を目安にした 有酸素運動を心かげてみましょう。

通勤のときに一駅歩いてみるとか、買い物に車を使わず自転車や近ければ歩いて行きましょう。

特別に運動として水泳で目標をたてて、何メートル泳げるようになりたいとか、マラソンなら何キロ走れるようになりたいというのも良いかもしれません。

私達は、体内の中にそれぞれ、悪玉コレステロールと善玉コレステロール(LDL)というものを持っています。 善玉コレステロールというのは、体内にあっても問題ありませんが、悪玉コレステロール(LDL)というのは、体内に増えてしまうと、身体に大きな問題となってきます。